大通り公園の薔薇

画像

今日の気温は、26度位だが風が強い!!

大通り公園11丁目の薔薇が見ごろ(70%かな)でしたので用事のついでに見てきました。

💛 25日、演劇鑑賞で「一銭陶貨」と言う演劇・文学座

《 日中戦争の影響により軍需資材としての金属需要が増加したことから昭和13年6月1日に臨時通貨法が制定され、貨幣法で規定された貨幣以外の臨時補助紙幣を制定・改廃することができるようになったほか、素材・品位・量目・形式は勅令をもって定めることとされた。

臨時通貨法に基づき、軍需利用される金属の貨幣は回収され、代用の貨幣として黄銅貨幣、アルミニウム青銅貨幣、アルミニウム貨幣、錫貨幣などが製造・発行されたが、戦局の悪化に伴っていずれの金属も不足し始め、昭和19年12月に陶貨幣の製造が計画された。第一次世界大戦期のドイツのマイセンで製造されたものをモデルとして企画したが、

陶製貨幣の製造は造幣局では不可能だった。そのため、昭和20年4月には陶貨の製造地として京都市、愛知瀬戸市、佐賀有田町を選定し、各地の民間事業者が試作品を製造した。同年7月には工業化に成功して1500万枚を製造したが、発行するには十分な量と言えないことから発行が見合わせられ、そのまま終戦を迎えたため、発行まで至ることなく破砕・廃棄された。

昭和20年に陶貨を製造したものの、発行されることがなかったため、試鋳貨幣にとどまった。

試鋳貨幣(しちゅうかへい)は、新貨幣を発行する前に様々な図案、直径などの形式のものの中から新貨幣に採用すべきものを決定するにあたり試作される貨幣である。試作貨幣(しさくかへい)ともいう。このため通常は市場で使用されることは無い。〛

                        Wikipedia より 

この演劇は、愛知瀬戸市が舞台でした、陶器の貨幣なんてできる訳がないと思いながらも色々配合に苦慮しながらも割れない陶貨が出来上がったが、陽の目を見ずに・・・

戦時中陶貨製造などと言う話、初めて知りました・・

  

夫の入院

画像

札幌は、よさこいソーランも札幌祭りも終えて初夏へと

でも、この所スッキリしない天候で・・・・・

さて、我が家も2日~11日まで娘が帰札で2泊3日で出掛けた後は

同じ会社の友達が来道、目的は観光もあるが「千と千尋の神隠し」の演劇を観る目的があったようで東京公演が終えて札幌公演が6月6日~12日まででした。娘達は、8日に観たようです、その後は、小樽行ったり、次の日は市内観光やらで友達と過ごす時間が多く旅行で出掛けた以外で娘と夕食を食べたのは3日位かな、ザンギ(鶏の唐揚げ)手作り餃子を食べさせた位かな冷凍庫にあったカニは、焼きカニにして、母の味はザンギと、餃子だけでした。帰りに牛肉のしぐれ煮(手作り)と新鮮なアスパラ(頂き物)を持たせようとしたら「これから青森に寄るから持って帰れないよ~」と言うので・・・・・先ずは、11日千歳まで送ってお別れ・・・・「お父さん手術頑張って!!秋に又来ます」と

富良野・富田ファームのベニバナトチノキ

さて、娘が帰った後は、13日夫は、整形外科へ入院

*腰椎椎間板ヘルニア *腰椎変性すべり症の二つ

五月の中頃、グラウンドに石灰を撒くことがあり、20KGの石灰袋を持ったらしい、周りには女性しかいなくて,止もう得ず持ったらしい・・・・・・その後、痛く成り病院へ

医師からは、手術を進められて・・・・・・夫は、既に2回の腰の手術経験があり、「もう3回目は出来ないよ!」と言われていたらしいが

今回は、手術となって直ぐにでも入院と言われたが「娘が来るので延ばしてください」となり暫く痛み止め薬で緩和されてきたようで旅行中は、何事もなく・・・・

娘が帰ってからの入院(娘も気にかけながら帰る)

👇富田ファーム温室のトケイソウとゼラニュウム

13日入院して17日の手術・コロナ禍でもあり面会も出来ず、入院時も病室までは行けず下でお別れ、洗濯物なども受付で看護師さんに手渡し、入院時の小物も昔は、色々準備したが今は1日数百円出せば、ティシュやバスタオルや洗面度具も必要なしでした。

もっぱらLineでのやり取りですが17日も手術室に行く直前までLineでやり取りを手術が終えて2日目(19日)からはコルセットしてトイレなども歩行器などを使い自分で

前回は、もう17年位前だったか。。。。冬になる前のタイヤ交換の時期、ここは物置が地下なので地下からタイヤをあげる時に腰を痛めて・・・・手術、それ以来タイヤ交換は業者にお任せ、いつも重い物などは気を付けていたのですが・・・それでも遣らなけれ成らない時も。。。。。今回がそうかも・・・・

手術・手術と簡単に言葉にするけれど、当人はどれだけ辛いか。。。3回目でも

特に今回は、手術室へ送る事も、手術後、迎える事も出来ないので可哀想に思えたがが・・・今は、何処の病院でも面会は自由ではないと思いますが、患者さんは寂しいでしようね。6日目ぐらいからは歩行器を外して歩くように・・・・

先ずは、順調に回復をするのを願うばかりです。

👆我が家のベランダの花👇の一部です^^

娘とのミニ旅行・美瑛の青い池・十勝岳・富良野など③

画像

この日7日も最高の天気でした、帰路娘と3人で先ず美瑛の青い池(娘は初めて)

私達は、3回目位ですが、数年前より綺麗な道の駅やら新駐車場やらが増えて・・・

💛 青い池

青い池が青く見える

上流の白ひげの滝の水と、ブルーリバーこと美瑛川に合流する硫黄沢川という小さな川には、アルミニウムなどの鉱物成分が含まれているのです。

(ちなみにこの周辺の地下水が、滝の溶岩層の裂け目から流れ出ていることを「ひげ」に例えて「白ひげの滝」と言うそうな。)

そしてそのアルミニウムなどが美瑛川の水と混ざり合うと、コロイドという目に見えない粒子に姿を変えます。

このコロイドに太陽光が当たると、人間の目には青い光を反射して見えると言われているのです。

川の水が青いのではなく、あくまで反射光が青く”見える”だけにすぎないというなんとも不思議な現象。

大正15年5月24日の水蒸気噴火では、火山泥流が発生して現在の望岳台付近まで流出、さらに残雪を溶かした火山泥流が上富良野市街にまで到達、死者行方不明137名の災害となっています。昭和になっての噴火活動もあり、昭和37年にも爆発を起こしています。

 💛 望岳台

標高930mの十勝岳望岳台。 大雪山国立公園十勝岳の真下にある。大雪山の旭岳、美瑛岳、美瑛富士、上富良野岳などを見渡せる。

標高930mの十勝岳望岳台。 大雪山国立公園十勝岳の真下にある。大雪山の旭岳、美瑛岳、美瑛富士、上富良野岳などを見渡せる。

ここは初めて行きましたが学生の様な人達が上の方からランニング?の練習かこのごつごつした所を走っているのに驚き(結構早いスピードで)・・・・足痛くないの・・・・

💛 美瑛日の出公園

ラベンダーは、まだでした、あら咲いてる!!と思ったのは「ブルーキャットミント」でした

💛 富田ファーム

残念ながらラベンダーはまだでした、観光客もまぁまぁで修学旅行の学生が

花壇もイマイチの所も・・・

👇3枚は、本物のラベンダー、室内で少しですが咲いていました。

小高い丘の上にある六花亭

富良野は、オムカレーが有名とかで、そこでランチの予定が,店に行くと並んでいる20人位だったか・・・・・即止め!!それでこの丘の上の六花亭でランチ

帰り道

💛 芦別の「三段滝」によって。。札幌が近くなってきた

3日間最高の天気でした。娘は初めて見た風景が多かったようです。

夫は、3日間、長距離運転疲れた事と思います、お疲れ様でした。

楽しかったですね^^

娘とのミニ旅行・当麻鍾乳洞・旭山動物園 ②

画像

💛 当麻鍾乳洞

昭和32年に発見された当麻鐘乳洞は、全長135mのスケールを誇る。はるか1億5千万年前のジュラ紀から、気の遠くなるような時間をかけて地下水の溶触作用が作り上げた石灰洞窟で、学術的にきわめて重要な鍾乳洞として知られている。
昭和36年北海道天然記念物に指定。

ここも相当前に行ったが、外観がこんなに綺麗ではなかったような・・・・

💛 旭山動物園

孔雀が綺麗に羽を広げて、お尻が見える裏が・・・棚の上では、綺麗なこの模様が見えたが。。。。見えない

カバは大きい!!

白熊親子はお昼寝中

ブラックスワン・あまり見る機会がなかったが

この日、旭川24度以上あったのか暑い1日でした。

旭山動物園は、娘が就職した頃に来たので今回は十数年振りでした。月日の流れは早いものだと・・・・

💛 神居古潭

石狩川が上川盆地から石狩平野に流れる境に位置するこの峡谷は、アイヌ語で「カムイ(神)コタン(集落)」と呼ばれ、古くよりアイヌの人々の聖地とされてきました。峡谷を形成する緑泥片岩は1億年以上という気の遠くなるような長い年月をかけて石狩川の流れによって浸食され、アイヌの人々の伝説に登場する奇岩やおう穴群(天然記念物)を形成しました。急激に川幅が狭くなるため流れが激しく、深く、かつては行き交う舟がよく転覆し、アイヌの人々は峡谷に住む魔神の仕業と恐れていたようです

神居古潭駅があったのね

神居古潭は、旭川へ行くには必ず通るのですが。いつも素通り、ここも十数年振り寄りました。兎に角天気が良かった。

遅いランチは、娘の希望で旭川ラーメン。美味しかったわ

娘とミニ旅行かな、層雲峡 ①

画像

5日~7日2泊3日で層雲峡方面へ

娘が父の日、母の日、誕生日も全部含めて

温泉に連れて行ってくれました。旭川の近くが良いと言うことで層雲峡 へ

私達、娘+叔母の4人で

「叔母さんの分は、私達が払いますから」と言ったら

「いいよ、お世話になっているから構いません」と言うのでお言葉に甘えて

4人でワイワイと、娘も層雲峡は小さい時に祖父母のお祝いごとで泊まったが

あまり記憶がないらしい・・・・・

先ずは、ロープウェイに乗って黒岳駅へ

☆彡 標高1984Mの黒岳に春がやって来るのは5月下旬です。雪融けを待っていた花花が蕾を膨らませ、夏には高原植物が咲き、秋には燃えるような紅葉、冬は山全体がパウダースノーに包まれいつの時期も四季折々の美しさを体感できます。

ロープウェイで約7分で5合目到着。ゴンドラに揺られながら標高約1300mまで、黒岳を見下ろす空中散歩が楽しめます。そこからペアリフトに乗り継げば、標高約1520Mの7合目まで約15分。

7合目から山頂までは片道約1時間。ここはしっかり登山用装備が必要。

私達は、5合目まで

    矢張り山の上は寒い、桜やキバナ石楠花

120Mの高さから細くカーブを描きながら裾広がりに落ちる銀河の滝

落差約90Mを流れ星の如く力強く落ちる流星の滝

大函(オオバコ)

☆彡 層雲峡と言えば、高さ100M以上の絶壁が続く渓谷です。とくに絶景なのは谷の上流、川の両側にある「大函」と呼ばれるポイント。約200Mある柱状の崖が屏風のように並んでいる。

約3万年前の噴火で堆積した溶結疑灰岩が石狩川に浸食されること約1万年。気の遠くなるような長い年月かけて作られたのが「大函」です・

大雪湖ダムを観て、ホテルへ

旭川家具が使われいるようです(旭川は家具が有名です)

ホテル閑散としているのでと思いましたが。観光バスが2台2種類の観光ツァーの方々が

ホテル等も寂しいと気の毒に思えて・・・・・

温泉も3種類楽しめて食事も美味しく頂きました^^

毎度お馴染み🗿モアイです

画像

大きなモアイの後ろに隠れる様に小さな🗿が、霊園への入り口付近に

矢張りマスクをしていますね

モアイの横にあるのは、マニ車👉

頭大仏は、ラベンダーが咲くと一面紫に、花はまだまだかな

👆出入口、正門。👉ストーンヘンジも有ったりして?

☆彡今日は、⛅で気温も16度位の予報でしたが、風があったけれど晴れて青空が綺麗な気持ちの良い日でした^^。

娘が3年振りにようやく帰って来れました。

2日~11日まで仕事はなしで遊び呆けるようです?

友達、食事、観劇、親との付き合い等々に・・・・

義母の命日が6月15日なので、娘が超久しぶりに来たので祖父母のお墓参りに行ってきました、相変わらずのモアイだらけ霊園、。。。。。。。。

娘も「なんでこんなにモアイがあるの?」と言うが。。。「解りません」

霊園内です、工事中何が出来るのか?お墓の造成は、見えるように工事していますが

天気良い中のお参り終えて(久しぶりの孫娘のお参り喜んだかな?)帰りは、ランチにお寿司を食べて娘大満足(娘達は、2人で今は近場の旅行でいつも美味しい物を食べているようだが)矢張りお寿司は北海道がいいのかな

花材;枝物はピカラ   スノーボール

これから1週間程は、15度~18,19度位の予報です、風があると肌寒いかな